終了済みセミナー

発育発達の視点から”姿勢”について学ぶ

【主催】
Nセラ

 

【テーマ】
「発育発達の視点から”姿勢”について学ぶ」

近年、子どもたちに様々な問題が起きていることを皆さんはご存知でしょうか。
握力が弱い、噛む力が弱い、先生の話を聞けない、自己肯定感が低いなど・・・。
肉体面、精神面で問題を抱える子が増えてきています。

その原因の1つとして”姿勢”が挙げられます。

セラピストやトレーナーは臨床やスポーツ現場でよく姿勢に対する指導を行うことがありますが、本当に正しい姿勢を指導することができているでしょうか。

また、患者や選手の現在の姿勢がどのように作られたのか、発育発達の視点から姿勢の根本的な成り立ちを知っているでしょうか。

そこで今回のセミナーのテーマは、”姿勢”です。

講師の村田広志先生は、以前から産後のお母さん方への赤ちゃんの抱っこ指導などを行なっており、その中で子どもの発育発達に関しても学ばれています。
現在では、保育園や小学校を回って姿勢についての指導も精力的に行っていたり、歯科医師の先生と連携して子どもの口腔機能に関する点からも子どもたちと関わっている先生です。

セラピストやトレーナーとしてはもちろんですが、子どもを持つ親として非常に興味深い話が聞けると思います。定員20名と少ないですが、皆様のご参加をお待ちしております。

 

【内容】
①姿勢と腹圧の関係性
②腹圧の役割
③腹圧のコントロール
④手と姿勢の関係性
⑤姿勢指導のポイント
⑥乳幼児および学童期で問題となる姿勢

 

【日時】
2019年5月18日(土) 15:00〜19:00

 

【講師】
村田広志先生(長崎百合野病院、理学療法士)

 

【会場】
チカラ整形外科スポーツリウマチクリニック
(長崎県諫早市新道待ち68−1)

 

【対象】
どなたでも参加可能

 

【参加費】
Nセラ登録者の方:5,000円
Nセラ登録者ではない方:7,000円

Nセラへの登録は無料です。
登録手続きはコチラから→ http://n-thera.com/ntherastart/

 

【定員】
20名(先着順です。定員に達し次第、募集を終了いたします)

 

【申し込み方法】
下記のURLよりお申し込みをお願いいたします。
http://urx.red/wE8V