外部主催セミナー

肩関節障害を有するスポーツ選手を末梢神経から捉える

【主催】
Nagasaki Trainer Club(NTC)

本セミナーは理学療法ジャーナル2020年5月号「投球障害を捉える-動作、機能解剖、エコーの活用、予防に対する理学療法士の英知」の中で河端先生が執筆を担当された「肩肘痛を有するスポーツ選手の末梢神経障害の捉え方」の内容について河端先生の臨床でのご経験などを交えてお話しいただきます。

内容に興味のある方は是非ともご参加ください。

理学療法ジャーナル2020年5月号はこちらから購入可能です。

本雑誌のessences of the issueはこちらから。

 

【テーマ】
「肩関節障害を有するスポーツ選手を末梢神経から捉える」
※本セミナー終了後、3日間限定でアーカイブ動画の視聴が可能です。

 

【講師】
河端将司先生(相模原協同病院、北里大学医療衛生学部)

 

【日時】
2021年4月23日(金) 20:30〜22:00

 

【参加費】
3,000円

 

【対象】
セラピスト、トレーナー、医師、肩肘に対するエコーの知識を深めたい方

 

【定員】
100名(定員に達し次第、受付終了となります)

 

【講義形式】
zoomを用いたオンライン形式

 

【お申し込み方法】
下記のURLからお申込みください。

URL:https://ssl.form-mailer.jp/fms/6cd35dc7698414

 

【お支払い方法】
paypalでのオンライン決済
(お申込み後に自動返信メールにて受講にの支払い方法に関するメール案内が届きます。)

 

【お申し込み期間】
2021年4月15日23:59まで

2021年4月20日 23:59まで延長しました!

 

【お問い合わせ】
nagasaki.therapist@gmail.comまでご連絡ください。

 

※本セミナーの収益は長崎県のスポーツ選手をサポートするための活動に使わせていただきます。