外部主催セミナー

【長崎初開催】BMT 2daysコース 長崎開催 ~歩行のバイオメカニクス-体幹・下肢機能の理論と実践- 2days~

【主催】
株式会社風の谷プロジェクト

 

【セミナー概要】
歩行のバイオメカニクス

◆1日目:歩行に対する体幹機能編◆
本講習会では、立位や歩行といった抗重力活動下において動作を遂行するために重要となる体幹機能についてその診方と治療アプローチの解説を行う。

体幹機能の筋骨格系による動的安定化機構のメカニズムと、それらを制御する神経学的制御のメカニズムについての知見をもとにしたバイオメカニカルアプローチを実習する。多裂筋、腸腰筋の協調作用による体幹の対側性運動連鎖の構築は抗重力伸展活動の基本となる。

また、股関節の安定性は立位時の体幹の運動の基礎を提供するため重要となる。 腰椎、骨盤、股関節の協調的な運動制御を再学習することを主眼としたアプローチ方法を実技講習形式で講習していきます。

◆2日目:歩行に対する下肢機能編◆
直立二足歩行を再獲得するための下肢に求められる基本的機能として、「腰椎―骨盤―股関節複合体の協調制御」、「下肢の抗重力伸展活動」、「股関節と足関節における運動学的シナジーの連結」の3つの機能から成り立っている。

これらの3つの機能は、直立二足歩行を可能にするためのベースとなる機能であり、歩行練習に先立って獲得しておかなくてはならない機能だと言える。
ヒトが直立化のために獲得した機能は、老化による退行変性や筋・骨格系の障害、中枢神経系の障害などにより、進化のプロセスを逆行するように、後になって獲得した機能から順番に失われていく。そのため、歩行障害に対する理学療法アプローチは進化のプロセスを踏襲しながら段階的進めることが肝要だと考える。

本講習会では、歩行能力の再獲得に必要な3つの機能に対する理学療法介入について、実技講習を行う。

講師:石井 慎一郎 先生
講師:江原 裕作 先生
講師:重枝 利佳 先生

 

【日程】
10/19(土)、10/20(日)
両日 9:30~16:30(受付開始9:00〜)

 

【会場】
諫早商工会議所 大ホールAB

 

【参加費】
11,000円/日(2日間で22,000円、単発申し込み可能)

 

【対象】
理学療法士・作業療法士・柔道整復師・その他

 

【定員】
定員 60名(先着)
セミナー終了後:復習用動画を配信

 

【お申し込み】
BMT バイオメカセラピー ホームページ(http://www.bmt141.jp/)よりお申込み下さい。

 

【お問い合わせ】
BMT バイオメカセラピー ホームページ(http://www.bmt141.jp/)よりお問合せ下さい。