外部主催セミナー

アスレティックトレーナー長崎県協議会 令和元年度 第1回研修会

今回は、アスレティックトレーナー長崎県協議会の松本伸一と下迫淳平の二人が講師を担当し、ランニング障害に関する研修会を開催させて頂く運びとなりました。

ランニング(走動作)は、陸上競技のみならず全てのスポーツにおいてパフォーマンスを支える土台でもあり、近年のランニングブームに伴い、マラソンに挑戦する市民ランナーも増えています。

一方で、スポーツ選手のみならず市民ランナーにおいても、不適切なフォームや身体機能の不足などにより、足部・下腿・膝・股関節・腰部の障害が問題となっています。

 

【日時】
令和1年 9月28日(土)15:00~18:30(受付14:30~)

 

【場所】
古川宮田整形外科内科クリニック

 

【講義・実技】
ランニング障害のアスレティックリハビリテーション~機能障害の評価へ対する運動指導と実践~

 

【講師】
松本 伸一(日本スポーツ協会公認AT 運動器認定理学療法士)

下迫淳平(日本スポーツ協会公認AT、理学療法士)

 

【参加費】
3000円
学生1000円

 

【対象】
アスレティックトレーナー・理学療法士・柔道整復師など

 

【定員】
30名(参加申し込み先着順とさせていただきます)
※ 準備物:動きやすい服装、屋内シューズ

 

<参加申し込み・お問い合わせ>
アスレティックトレーナー長崎県協議会研修会事務局 担当:下迫淳平

FAX 095-839-2176 E-mail at.nagasaki.seminar@gmail.com

 

申し込み締め切り令和元年9月21日(土)

前半の講義(松本担当)では、ランニング障害の病態やタイプ別の障害発生メカニズム、段階的なプログラム構築の概論を紹介し、後半の実技(下迫担当)では、安全なフォーム獲得のための機能評価から基礎的な動きづくり、ランニングドリルまで紹介させていただきます。

来年11月には長崎平和マラソンも開催されます。ランニング障害の予防やリハビリテーション、運動器疾患の臨床にも活用できる内容になりますので、ぜひご参加ください。